花粉がいつまで飛んでて、いつがピークかなんていう情報を見かけたことがあると思いますが、花粉の種類や天候によって全く異なるのをご存知ですか?花粉症について知識を深めることで、以前よりも症状を抑えて過ごすことができるかもしれません。

  • ホーム
  • アレルギー症状が出やすい人は寝具を見直す

アレルギー症状が出やすい人は寝具を見直す

近年では生活環境の変化に伴ってアレルギー症状に悩まされている人が増えてきています。
自分自身がアレルギー症状ではなくても、お子さんがアレルギー症状になっていてなかなか改善されないという人も多いでしょう。

アレルギーを発症する原因は様々ですが、ダニやハウスダストもアレルギー症状を引き起こす大きな要因となります。
アレルギー症状を予防するには部屋を清潔に保つこと、特に日々の清掃がとても重要ですが、掃除をきちんとしていてもなかなかアレルギー症状が改善されないという人は一度寝具を見直してみるのも改善するための方法の一つです。

ダニは部屋のいたるところに存在していますし、ペットを飼っている人はペットにもダニが付着している場合もあるでしょう。
失し、それ以上にダニがたくさん発生しているのが寝具なのです。
普段部屋を清潔にしている人でも寝具にまではなかなか手が回らないものです。
アレルギーを完全に予防するためには寝具を見直すこともとても大切です。

布団のダニ対策といえば布団の天日干しですが、この時、布団たたきで叩かないようにしましょう。
布団たたきで布団をたたいたとしても退治できるダニは微々たるものですし、叩くことによってダニの死骸が粉々になって布団の奥に入ってしまう上に、ダニが音や衝撃に反応しておくに逃げてしまいます。
天日干しの際は叩かずにそのまま干しましょう。

天日干し以上にオススメなのが布団乾燥機です。
ダニは熱に弱いので布団乾燥機で熱を送ることによって布団に存在する多くのダニを死滅させることが出来ます。
しかし、そのままではダニの死骸が布団の中に残ることになり、そのまま寝ると死骸によってアレルギー症状を引き起こすことになります。

天日干しをした後や布団乾燥機を使用した後は掃除機を使って一網打尽にしましょう。
この時使用する掃除機はコードタイプのものだと大変なので、ハンディタイプの掃除機がおすすめです。

エアコンやじゅうたんが原因?ハウスダストアレルギー

ハウスダストもアレルギー症状を引き起こす大きな要因となります。
特に気を付けておきたいのがエアコンやじゅうたんです。

じゅうたんやカーペットなど、敷物はダニの温床といっても過言ではありません。
ダニの死骸がハウスダストの主な原因の一つになっています。
特にアレルギー症状が出ているお子さんをお持ちの過程では敬遠する傾向にはあるものの、賃貸などであらかじめ設置している場合には勝手に取るわけにもいかないため、何らかの対策が必要です。
じゅうたんは定期的にクリーニングに出すのがハウスダスト対策には有効とは言え、そう頻繁に出せるものではありません。

じゅうたんに対しての日常のダニ対策はスチームアイロンが有効です。
スチームアイロンをかける前に掃除機であらかじめじゅうたんを掃除します。
スチームアイロンの高熱によってじゅうたんに生息しているダニを退治できます。
死骸がそのまま残っていてはハウスダストの原因になるので、スチームアイロンをかけたら最後に再び掃除機をかけましょう。

エアコンは特に長期間使用していなかったエアコンを初めて動かす時に多量のハウスダストが発生します。
また、古いエアコンではフィルターや本体奥にホコリが溜まっているため、普段の使用でもハウスダストがたくさん発生します。

エアコンを使用することによるアレルギーを防ぐにはエアコンの定期的なクリーニングがとても有効です。
ホームセンターなどに行けばエアコン洗浄用のスプレーが販売されているので、過ごしやすい気候になってエアコンを使わなくなった時を狙ってクリーニングしましょう。

それだけでは完全に掃除できないので、数年に一度は専門の業者にエアコンのクリーニングを頼むようにすると、更にアレルギーの発生を予防することが出来ます。

関連記事