花粉がいつまで飛んでて、いつがピークかなんていう情報を見かけたことがあると思いますが、花粉の種類や天候によって全く異なるのをご存知ですか?花粉症について知識を深めることで、以前よりも症状を抑えて過ごすことができるかもしれません。

  • ホーム
  • ドラッグストアで買えるクラリチンEXで花粉に備える

ドラッグストアで買えるクラリチンEXで花粉に備える

花粉

2017年1月に「クラリチン錠10mg」のスイッチOTC医薬品として販売が開始された「クラリチンEX」は、クラリチンEXは抗ヒスタミン薬である「ロラタジン」を有効成分としたアレルギー専用鼻炎薬です。
スイッチOTC医薬品とは、医療用として用いられていた医薬品が一般用に切り替えられたお薬のことです。
「クラリチン錠10mg」はこれまで花粉症などアレルギーがある方に処方されてきましたが、クラリチンEXはその「クラリチン錠10mg」と同じ成分が同じ量含有されています。
「要指導医薬品」にあたるので、購入する際には使用上の注意など薬剤師から説明を受ける必要があります。
そのため薬剤師が不在の時には購入できませんが、処方箋がなくてもドラッグストアや薬局などで入手することができます。

そもそも花粉症などのアレルギーは、どういったメカニズムで起こるのでしょう。
私たちの体の中に花粉やハウスダストなどのアレルゲンが侵入すると、免疫に関わる細胞が「ヒスタミン」を放出します。
ヒスタミンは免疫系からの命令を伝達し、花粉など異物を追い出すために免疫反応が起こります。
その反応が「鼻炎」や「くしゃみ」「目のかゆみ」なのです。
クラリチンEXに含まれる抗ヒスタミン薬には、このヒスタミンの放出を抑える働きがあります。

抗ヒスタミン薬は第1世代と第2世代に分けられます。
先に開発された第1世代の抗ヒスタミン薬は即効性には優れていますが、強い副作用がありました。
第2世代であるクラリチンEXは、こうした副作用が少ないという特徴があります。

ヒスタミンは脳にも存在していますが、抗ヒスタミン薬が脳内にまで達すると脳内のヒスタミンに影響を及ぼし「集中力が低下する」、「眠くなる」といった副作用が起こります。
クラリチンEXは抗ヒスタミン薬が脳内に入りにくい構造なので、集中力が低下しにくく、眠くなりにくいのです。
また、第1世代の抗ヒスタミン薬は副交感神経を抑制するため口が乾きやすいという欠点がありましたが、クラリチンEXはそういった作用も緩和されています。

また、クラリチンは通販で購入することも出来ます。
シーズンは開始していますが、地域によっては現在も続く花粉症対策の為に購入するのも良いでしょう。

クラリチンを服用するタイミング

クラリチンEXは、1日1回、毎回同じ時間帯に服用します。
用法の説明には「食後に服用」とありますが、食事による影響を受けにくいため空腹時でも食後でも効果に差はないようです。
1日1回1錠の服用で、効果が1日中持続します。

服用するタイミングは、鼻水やくしゃみなどでつらくなる前が効果的です。
悪化する前に、鼻がムズムズするなどの違和感に気付いたら、早めに服用するようにしましょう。
服用から30分から1時間程度で効果があらわれます。

先に説明したように副作用の出にくいお薬ですが、まれに頭痛や倦怠感、皮膚のかゆみなどが起こることがあります。
また、アルコールと同時に服用することは避けましょう。
アルコールと同時に摂取することで副作用が強くあらわれる恐れがあります。
妊娠中、授乳中も使用は避けるほうが賢明といえそうです。
子供の場合、医療機関でクラリチンを処方される場合もありますが、クラリチンEXは15歳以下には使用できません。

このように注意すべきことはいくつかありますが、重篤な副作用があらわれるということは考えにくい、安全性の高お薬です。
そして、花粉症用の鼻炎薬の中でも極めて眠くなりにくい処方なので、日常的に車を運転される方や仕事のパフォーマンスを下げたくない方にはおすすめのお薬といえます。

クラリチンEXの登場で医療機関を受診しなくてもクラリチンがドラッグストアや薬局で購入できるようになり、忙しい人にとって大変便利になりました。
2017年9月には同じ成分、同じ効き目で水なしで服用可能な「クラリチンEX OD錠」も登場し、こちらも人気を集めているようです。
「クラリチンEX」や「クラリチンEX OD錠」でつらい花粉のシーズンに備えましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧