花粉がいつまで飛んでて、いつがピークかなんていう情報を見かけたことがあると思いますが、花粉の種類や天候によって全く異なるのをご存知ですか?花粉症について知識を深めることで、以前よりも症状を抑えて過ごすことができるかもしれません。

  • ホーム
  • 花粉症にヨーグルトは本当に効果ある?

花粉症にヨーグルトは本当に効果ある?

花粉症にヨーグルトが効果があることが最近分かってきており、話題となっています。
ヨーグルトといえば乳酸菌によって腸内環境を整える食べ物というのが一般的です。
腸内環境の改善と花粉症の改善はあまり関連性が無いように思えますが、実はこの二つは密接な関係を持っているのです。

花粉症というのは簡単に言えば私たちの体内に普段から備わっている免疫力が花粉に対して過剰に反応するために起こります。
花粉症を克服するためには体質改善をおこなって免疫力が花粉に対して過剰に反応しないようにすることがとても重要です。

腸内にももちろんこの免疫機能は働いているのですが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはこの腸内にある免疫機能を整えてくれる効果があることが分かっています。
ヨーグルトを食べることで腸内の体質改善がおこなわれ、腸内にある免疫反応が安定することによって体内に侵入してきた花粉に対しても過剰に反応するようなことは無くなります。

実際にある機関がおこなった調査でもヨーグルトなどの乳製品を普段からよく食べている学生は花粉症になる確率が低くなることが立証されています。
ヨーグルトは花粉症対策として確かな効果があるというわけです。
とはいえ、ヨーグルトを花粉症対策として利用するには色々と工夫して食べることが必要です。
まず効果を発揮させるためには、継続して食べ続ける事が最も重要です。
食べたり食べなかったりでは、なかなか体質改善がおこなわれません。
花粉症対策にヨーグルトを食べると決めたら、せめて花粉が飛散している間は毎日食べ続けるようにしましょう。

そして食べるタイミングもとても重要です。
ヨーグルトは薬のように即効性があるわけではありません。
理想的なタイミングとしては花粉が飛散し始めるよりも少し前です。
スギやヒノキは冬の終わりから飛散し始めるので、年が明けたくらいから食べ始めるのがタイミングとしては最も適しています。
しかし、毎日定期的にヨーグルトを食べている人の中にも花粉症の改善がまったくされない人も居ます。

ビヒダスが花粉症には最も効果的

ヨーグルトを食べても花粉症が全く良くならない最大の理由は食べているヨーグルト自体が全く花粉症の改善に役立っていないからです。
ヨーグルトは確かに花粉症の改善には有効であるものの、ヨーグルトであればどれでも良いというわけではありません。
ヨーグルトの中にも効果があるヨーグルトと、全く効果が無いヨーグルトがあるのです。
スーパーなどで普通に売られているプレーンヨーグルトを普段から食べている人も多いかもしれませんが、プレーンヨーグルトに含まれている乳酸菌はあまり力が強くなく、実は腸内に届くまでにそのほとんどが死滅します。
つまり、花粉症対策や健康を維持するためにプレーンヨーグルトを食べ続けてもあまり意味がないという事です。

また、食べやすくするために砂糖をかける人も居ますが、砂糖をかけると免疫力低下を予防してくれるビタミンBの吸収率が悪くなります。
甘くするのであればはちみつや黒砂糖を使用しましょう。
では花粉症対策に食べるにはどのようなものを選べばよいのかというと、腸にまでしっかり届く強い乳酸菌を含んでいるものが花粉症対策には効果的です。
腸内まで届く乳酸菌が配合されているものを選ぶと、花粉症改善はもちろん、免疫力が上がるのその他の病気にもかかりにくくなります。
購入の際には原材料をよく確認しましょう。

そしてLG21やR1,BB536と表記されているものを購入すればまちがいありません。
これらは腸内にまでしっかり届く強い乳酸菌が配合されている商品だからです。
市販されているものの中で最も効果があるとされているのがビヒダスです。
ビヒダスにはBB5236が豊富に含まれていて、腸内にまでしっかり乳酸菌が届き、免疫力を高めてくれます。

関連記事