花粉がいつまで飛んでて、いつがピークかなんていう情報を見かけたことがあると思いますが、花粉の種類や天候によって全く異なるのをご存知ですか?花粉症について知識を深めることで、以前よりも症状を抑えて過ごすことができるかもしれません。

  • ホーム
  • 花粉症を突然発症することがあるのは何故?

花粉症を突然発症することがあるのは何故?

去年まで全く花粉症ではなかったのに、突然発症することがあります。
花粉症を発症するメカニズムは、体の中で起こる免疫反応です。
体に侵入してきた花粉を異物として排除しようとするために起こります。
この異物はアレルゲンと呼び、アレルギー反応を引き起こす原因となる抗体です。
ほこりやダニのアレルギーを持っている人は、ほこりやダニがアレルゲンとなります。

この免疫反応は、正常な働きですがその働きに異常が出ると異物ではない自分自身の体を攻撃してしまいます。
そうすることでアレルギー反応という、鼻水や目のかゆみ、湿疹などが起こります。

花粉症を発症する理由は、花粉を体内に取り込むとかゆみや炎症を起こす伝達物質を持つ肥満細胞に付着します。
花粉が付着した脂肪細胞がある一定数以上に達した状態で、花粉が体に侵入すると花粉症を発症します。
そのため、今までは花粉症ではなかったのに突然発症するのです。

どのくらいの花粉を取り込むと花粉症になるのかは個人差が大きく、同じ環境で生活していても花粉症の人とそうでない人が存在します。
一般的には、アレルギー体質の人は花粉症も発症しやすいと言われています。
もともと、ほこりやダニのアレルギーがある人は注意が必要です。
また、普段の食生活や生活の乱れから発症することもあります。

花粉症になる理由は、免疫反応ですが食生活の乱れや生活の乱れなどが続くと体の免疫機能も正常に働かない状態になることがあります。
正常な状態であれば、免疫の異常な反応は起こらない場合でも、免疫機能に異常が起きていると花粉に反応しアレルギー反応を引き起こす危険があります。
できるだけ、ゆっくり休みバランスの良い食生活を心がけることが大切です。

また、遺伝的な要素や環境的な要素もあります。
両親が花粉症の場合、その子どもも花粉症になる可能性が高くなります。
また、花粉が多く飛散する地域に住んでいる人は、発症する可能性が高くなります。
現状花粉症ではないからと言って今後も発症しないとは言えません。
誰にでも起こりうる可能性があります。

効果なし?間違った花粉症対策

花粉症の対策はさまざまありますが、間違った対策をしている人もいるでしょう。
花粉症には、ヨーグルトやお茶などが効果的と言われますが、実際に花粉症が悪化した状態を緩和するものではありません。
食品に含まれる効果によって緩和させるのは、体質改善のようなものです。
花粉症になってから慌てて、効果的な食品を摂取しても鼻水が止まったり目のかゆみが改善したりすることはありません。
ただし、一時的に一時的に状態を緩和してくれるものもあります。

また、雨の日や曇りの日は花粉があまり飛散しないと安心している人もいます。
雨が降っている間は、飛散しませんが雨が上がった後には注意が必要です。
雨によって地面に落ちた花粉は、雨が上がり乾燥すると宙に舞い上がります。
そうすると通常よりも多くの花粉が飛びまわります。

また、曇っていても風が強い日は多くの花粉が飛びます。
雨や曇りだからと言って油断はしないようにしましょう。

目がかゆくなり、我慢できず水道水で洗っている人もいますが、これは目にはよくありません。
花粉は水で洗い流すと、目の外に出てゆきますが水道水には塩素などが含まれています。
これは目に刺激を与え傷をつける可能性があります。
花粉が多く飛んでいる山や森など自然の多い環境から離れ、都会にいることで緩和されると思っている人もいるかもしれません。
しかし、それは間違った対策です。

都会は排気ガスなどで大気が汚染されている可能性があります。
排気ガスと花粉を一緒に取り込んでしまうと、花粉症が発症しやすくなります。
花粉の多い地域よりも、大気が汚染されている都会のほうが発症者数は多いと言われています。
花粉症は現在国民病と呼ばれるほど発症者数が多くなっています。
メカニズムと対策を理解し、悪化させないようにしましょう。

関連記事